【ワイルドカード】【日本文】全角算用数字チェック

スタイルガイドで全角算用数字を使用しないことになっている場合、以下の方法でチェックします。

ワードの検索機能を使い、「ワイルドカードを使用する」をONにして、以下の記述を行います。

検索する文字列:

[0-9]

「検索された項目の強調表示」を選択すると、該当箇所に蛍光ペンが付きます。

なお、ワイルドカードのみを使って、全角算用数字を半角へ変換することができません。WildLightには「WLDIC_変換_全角数字を半角へ変換.txt」という辞書が準備されており、この辞書を適用することで変換することができます。

【ワイルドカード】【日本文】半角カタカナチェック

スタイルガイドで半角カタカナを使用しないことになっている場合、以下の方法でチェックします。

ワードの検索機能を使い、「ワイルドカードを使用する」をONにして、以下の記述を行います。

検索する文字列:

[ヲ-゚]

「検索された項目の強調表示」を選択すると、該当箇所に蛍光ペンが付きます。

なお、ワイルドカードのみを使って、半角カタカナを全角へ変換することができません。WildLightには「WLDIC_変換_半角カタカナ全角変換.txt」という辞書が準備されており、この辞書を適用することで、半角カタカナを全角変換することができます。

【ワイルドカード】【英文】「i.e.」や「e.g.」の後の「,」カンマ忘れチェック

英訳品を見ていると、「i.e.」や「e.g.」の後のカンマ「,」を忘れているものをよく見掛けます。これを検出するためのワイルドカード表現を以下に示します。

ワードの検索機能で「ワイルドカードを使用する」をONにして、以下のように記述します。

検索する文字列:(i.e.の場合)

i.e.[!,]

検索する文字列:(e.g.の場合)

e.g.[!,]

「検索された項目の強調表示」を選択すると、カンマを忘れているところに蛍光ペンが付きます。

検出された箇所に強制的にカンマを入れたい場合は、置換機能でワイルドカードを使って、以下のように記述します。ここでは i.e. を例にします。

検索する文字列:

(i.e.)([!,])

置換後の文字列:

\1,\2

これで、カンマが挿入されます。

WildLightの辞書へ盛り込む場合は、以下のように記述します。(スペースはTABに置き換えてください)

(i.e.)([!,])     \1,\2
(e.g.)([!,])     \1,\2

 

WildLightでケアレスミスゼロを目指す(英訳編)

こちらの記事も、くにしろさんのブログ「Memo 9246 :: 翻訳備忘録・雑記帳」の記事のご紹介です。

とてもためになる情報が書かれていますので、是非、以下のリンクからご閲覧ください。

Memo 9246 :: 翻訳備忘録・雑記帳「WildLightでケアレスミスゼロを目指す(英訳編)」

WildLightでケアレスミスゼロを目指す(和訳編)

こちらの記事も、くにしろさんのブログ「Memo 9246 :: 翻訳備忘録・雑記帳」の記事のご紹介です。

とてもためになる情報が書かれていますので、是非、以下のリンクからご閲覧ください。

Memo 9246 :: 翻訳備忘録・雑記帳「WildLightでケアレスミスゼロを目指す(和訳編)」

英文に紛れ込んだ全角文字を検出する

大阪ほんま会でのWildLightセミナーの後、くにしろさんが御自身のブログ「Memo 9246 :: 翻訳備忘録・雑記帳」で表題のような記事を書かれていたのですが、こちらでのご紹介が遅くなりました。

WildLightを積極的に使って、ミスを検出しようといろいろと試されていて、とても勉強になります。是非、以下のリンクからご閲覧ください。

Memo 9246 :: 翻訳備忘録・雑記帳「英文に紛れ込んだ全角文字を検出する」

大阪でWildLightセミナーをします。

大阪のほんまかい主催で、WildLightセミナーを行うことになりました。

  • 日時:5月14日 13:00〜17:00
  • 場所:大阪 神戸大学学友会大阪クラブ@大阪梅田駅前第1ビル 11階

詳細は、ほんまかいホームページか、通訳翻訳Webにイベント記事が掲載されていますので、そちらをご覧下さい。

「数」チェックをする効率的タイミング

WildLightを使って数チェックする際、どんなタイミングで行ってますか?

私がお勧めするのは、対訳表を作成してアライメントする時です。大まかな流れは以下の通り。

1) 原稿文書と翻訳文書を、対訳表機能で対訳表にする。
2) 数チェック辞書を適用して、数と英大文字の略語に色付けする。
3) 対訳表の原文と訳文をアライメントする。

理由は、アライメントを行う際、原文と訳文を合わせる1つの取っ掛かりに「数」や「略語」を利用していると思いますが、それをビジュアルに分かり易くする事で視認性と作業効率を向上させる事ができるからです。また、その認識作業の中で、色とその数、登場順序、実際の数値と略語をチェックする事で、数と略語のチェックを同時に行う事ができます。

アライメントと言う作業は、ある意味、生産性の低い、無駄な作業に感じてしまいますが、精神作用の類似するチェック工程を合わせ混むことで、意味を持たせる事が可能となります。

同様のアプローチで、他のチェック作業も効率的かつ効果的な実施タイミングを検討してみましょう。

上付/下付の指定忘れをチェックする

多項式や化学式を記述するのに、上付や下付を多用しますが、その指定を忘れてしまったものを検出する WildLight 辞書の紹介です。

このチェック辞書を作る上で使用する特殊コマンドは「Superscript」と「Subscript」です。
(Users Groupで、この機能実装のアイデアは Kanbayashi さん、以下のチェック方法のアイデアは Yamauchi さんに頂きました。ありがとうございました)

上付も下付も、チェックの手法は同じですので、ここでは下付(Subscript)を例に説明致します。

H2O の2や、CO2の2を下付指定し忘れたものを検出してみましょう。

【考え方】

  • 下付指定されていないもの を検出して蛍光ペン付けする。
  • 「下付でない= Subscript:OFF」を指定して「H2O」「CO2」を検索する。
  • 正しく 2 が下付指定されているものは、この検索には引っ掛からない。

【辞書の記述方法】

Subscript:OFF
H2O
CO2
Subscript:CLEAR

1行目は、「下付は検索しないで」という指定です。
2行目から3行目は検索する化学式。ここに検索したい化学式をどんどん追加すれば良い訳です。
4行目で、「下付の検索条件を解除」

これを実際に実行した画像がこれです。(画像をクリックして拡大してご覧ください)

WL_SubscriptCheck

2を下付指定し忘れた H2O に蛍光ペンが付くのが分かると思います。

この辞書は、WildLight Library に「WLDIC_化学式チェック.txt」で登録されていますので、ダウンロードして、ご自身の使用目的に修正してご活用下さい。

 

英数字の全角・半角チェック

翻訳チェックの中で、スタイルガイドの指定に従って英数字の全角・半角チェックを行う事があります。また、翻訳文中で同じ文字種において全角と半角の不統一は好ましくありません。ここでは、英数字の半角・全角チェックをWildLightで行うための辞書の記述方法を説明します。

全角数字のチェック: [0-9]
全角英字のチェック: [a-zA-Z]
半角数字のチェック: [0-9]
半角英字のチェック: [a-zA-Z]

これらの文字列を、行いたいチェックに合わせて組合せ、WildLight用の辞書に記述すれば良いわけです。

例えば、半角英数字を検出して蛍光ペンをつける場合は、以下のように辞書に記述します。

[0-9]
[a-zA-Z]

これだけです。これだけを記述したテキストファイルを準備して WildLight に読み込ませると半角英数字に蛍光ペンが付きます。

ワイルドカードに詳しい方は、 [0-9a-zA-Z] と一文に書き直して頂いても構いません。

WildLightの良いところは、辞書に記述されたワイルドカードを順次に処理してくれるところです。ワードの検索や置換機能を使って一発で処理しようと、ワイルドカードの記述に頭を悩ますくらいなら、やりたい事を分割してワイルドカードで表現し、WildLightの辞書にして実行すれば、簡単に処理ができます。