WildLightの対訳表作成機能

WildLightの「対訳表作成機能」について、説明ビデオをYouTubeにアップロードしましたので、お役立てください。

今後、WildLightの機能紹介をYouTubeへ続々とアップロードしていく予定です。(場合によっては、オンラインセミナーの開催も考えています。)

WildLight関連の動画リスト

 

広告

WildLightで「翻訳したら勝手に対訳表」

本家「翻訳横丁の裏路地」に「翻訳したら勝手に対訳表」という記事をあげましたが、原稿を変換する作業をWildLightに自動で行わせるために辞書ファイルを作成しました。

辞書名の番号(1)(2)は適用する順番を示しています。具体的な手順は以下のようになります。

  1. 翻訳前の原稿に(1)のファイルを適用します。
  2. 変換された原稿の罫線の間に、パラグラフごとに訳文を入力していきます。
  3. 翻訳後の原稿に(2)の辞書を適用します。
  4. WildLightのメニューから「辞書管理」→「TAB区切りテキストを表にする」を選択して実行します。すると対訳表が出来上がります。
    なお、このステップ4は Ver. 2.54以降では必要ありません。ステップ3で自動的に対訳表が作成されます。(特殊コマンド「Tab2Table」が有効になるため)

どのように使うかは、以下のYouTube動画を参照してください。

各ファイルが何をやっているかは、辞書を読んで解析してください(笑)

大雑把な説明をすれば、(1)のファイルで余分な改行を削除して1パラグラフ1改行にし、各パラグラフの後ろに訳文を入力するためのマーカーとなる罫線セット(罫線上と罫線下)を追加しています。(2)のファイルは、原文パラグラフの後ろにある改行とマーカー(罫線上)をTABへ変換し、改行をすべて半角スペースに変換後、残ったマーカー(罫線下)を改行に変換して、TAB区切りテキストに変換しています。

これでお分かりいただけるとおり、訳文を入力する際に、視認性や読みやすさを確保するために訳文パラグラフの中で改行が行われても、対訳表に変換する前作業ですべて半角スペースに置換されますから、対訳表にするときに問題になりません。

この方法は、ワードで原文パラグラフの下に訳文を入力して翻訳するスタイルを多用される方には、便利かもしれません。

以前からWildLightセミナーや翻訳チェックのセミナーでお伝えしているとおり、翻訳チェックをする上で、対訳表作成で得られる効果は絶大です。翻訳チェックの精度が向上するのみならず、対訳表になったものをCSVファイルなどへ変換すれば、翻訳支援ツールの翻訳メモリーへ持ち込むことも容易となり、翻訳資産としての活用にも役立ちます。

非常に簡単な方法ですので、一度試してみることをお勧めいたします。

WildLight Ver. 2.53 公開

久し振りのバージョンアップになります。新機能を特に利用する予定がない場合は、現在お使いのバージョンを継続してお使いください。

前回公開の Ver.2.50 からの主要変更点は以下の通りです。

“WildLight Ver. 2.53 公開”の続きを読む

Wordのショートカットキー定義を印刷する

ワードのいろいろな機能やマクロなどを、ショートカットキーに定義して使用している人は多いと思います。WildLightも、いろいろなマクロ機能をショートカットキーに設定して利用してもらえるように閲覧可能な状態で公開しています。

さて、ショートカットキーへ機能定義していくと、「はて?どのキーに何を定義したか?」を忘れてしまうことが多いですよね。そこで、ショートカットキー定義を印刷する方法を以下にまとめます。

これは私の持つワード2016での方法です。他のバージョンでは確認していません。

マクロなどを使う必要はなく、ワードの標準機能で印刷ができます。

  1. まず、ワードを立ち上げてください。(すでに立ち上がっている場合は、新規文書を作成してください)
  2. 次にメニューで、[ファイル][印刷]と選択して、印刷画面を出します。印刷画面
  3. 印刷画面の「設定」の下のプルダウンメニューをクリックします。スクリーンショット 2017-08-05 16.22.37_LI (2)
  4. すると、プルダウンメニューが現れますので、「キー定義 カスタム ショートカット キーの一覧」を選択します。スクリーンショット 2017-08-05 16.23.05

あとは、印刷ボタンを押せば、ショートカットキーの定義が印刷されます。もちろん、印刷先をPDFにすれば、印刷することなくPDFファイル上で確認ができます。
印刷例

ショートカットキーの迷子になったら、ぜひ、お試しください。

 

 

AutoHotKeyでEBWin4検索 パート2

前回の記事を書いたとき、単語を選択した場合と連語を選択した場合で、辞書引きのモードを切り替えられたらいいなぁと思い、EBWin4のマニュアルで調べたのですが、コマンド引数で検索モードを切り替えることができないことが分かりました。

そこで、EBwinのサポート掲示板に「お願い」書き込んだところ、作者のhishidaさんが、もの凄い速さで対応してくださり、Ver. 4.4.4 として公開されました。hishidaさんにはこの場を借りて、厚くお礼申し上げます。(EBWin4: http://ebstudio.info/manual/EBWin4/EBWin4.html )

検索モードをコマンド引数で切り替えられるようになりましたので、さっそく、先のスクリプトを修正いたしました。このスクリプトでは英語(1バイト言語)において、単語の検索と連語の検索で検索モードを切り替えています。私は1単語だけ指定のときは前方検索連続した2単語以上を指定したときは全文検索する場合が多いので、そういう設定で作ってあります。

; ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
; ● Control + Shift + E でEBWin4検索
; EBWin4 Ver. 4.4.4 以降で動作します
; http://ebstudio.info/manual/EBWin4/EBWin4.html
; ――――――――――――――――――――――――――――――――――
^+e::
    Backup := ClipboardAll
    clipboard =
    Send ^c
    ClipWait, 1
    keyword = %clipboard%
    Clipboard := Backup
    Backup =
    keyword := trim(keyword)

    if strlen(keyword) = 0
        {
            msgbox, 検索する文字列を範囲指定してから実行してください。
            return
        }

;   EBWin4 のコマンド引数
;   /M= p[refix]|s[suffix]|e[xact]|c[rossword]|k[eyword]|f[ull text]|a[uto]     
;   p:前方一致, s:後方一致, e:完全一致, c:クロス条件検索, k:条件検索, f:全文検索, a:自動検索       
    if Instr(keyword, " ")
        {
        RUN C:\Program Files (x86)\EBWin4\EBWin4.exe /M=f /S="%keyword%"
        } else {
        RUN C:\Program Files (x86)\EBWin4\EBWin4.exe /M=p /S="%keyword%"
        }

return
  • このスクリプトは EBWin4 の Ver. 4.4.4 以降で動作します。
  • 検索モードは、自分の好みに変更してお使いください。
  • ショートカットキーも、自分の好みに変更してお使いください。(上記スクリプトでは Ctrl + Shift + e になっています)

AutoHotKeyでEBWin4検索

最近、仕事で使っていて手放せなくなった自作 AutoHotKey スクリプトを公開します。このスクリプトは、範囲指定した文字列をEBWin4で辞書引きするものです。

; ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
; ● Control + Shift + E でEBWin4検索
; ―――――――――――――――――――――――――――――――
^+e::
    Backup := ClipboardAll
    clipboard =
    Send ^c
    ClipWait, 1
    keyword = %clipboard%
    Clipboard := Backup
    Backup =
    
    if strlen(keyword) = 0
        {
        msgbox, 検索する文字列を範囲指定してから実行してください。
        return
        }
    RUN C:\Program Files (x86)\EBWin4\EBWin4.exe /S="%keyword%"
return

使用する上での注意事項

  • 下から2行目は、EBWin4.exe のあるフォルダー名(C:\Program Files (x86)\EBWin4\)を、それぞれの環境に合わせて修正して使ってください。
  • キーの組合せは、Ctrl + Shift + E になっています(^+e)。適宜、自分の好みに合わせて変更してください。

 

WildLight Ver. 2.50 を公開

このゴールデンウィークを使い、以前から盛り込みたかった機能を追加しました。大きな変更点は以下のとおりです。

  1. 複数辞書を指定したプロジェクトを扱えるようにした。
  2. 対訳表作成でソースファイルにエクセルやパワーポイントのファイルを直接指定できるようにした(Fバージョンのみ)

“WildLight Ver. 2.50 を公開”の続きを読む

大阪で中級セミナー(8月)

大阪のほんまかいブログに、それとなく告知されましたので、こちらでも告知しておきます。

まだまだ先の話になりますが、8月に大阪のほんまかい主催で「WildLight中級セミナー」を行います。詳細は、ほんまかいブログにて発表になると思いますので、そちらを定期的にご確認ください。

もちろん「中級」ですので、WildLightのインストールが終わり、それなりに使っておられる方が対象となります。ほんまかいでは、事前のワイルドカード勉強会を開催されて、中級セミナーに臨んて下さっているので心強い限りです。きっと、通常の中級セミナーより上級へ踏み込んだセミナーになりそうで、今から楽しみです。

【ワイルドカード】括弧の閉じ忘れチェック

括弧には種類があり、全角半角によっても違いますし、使われ方もさまざまなので、前提条件を決めてチェック方法を考えないといけません。例えば丸括弧ですと、1)やA)というような使い方がされるため、「括弧を開かないで閉じている」というミスのチェックは難しそうです。ただ、日本語の「」や『』などは、そういう使い方がされないと予測されますから、チェックできそうですね。

ここではタイトルにある通り、前提条件として「括弧を開いたのに閉じ忘れたもの」を検出するためのワイルドカードを考えてみましょう。

まず、検索方法を考える上で、もうひとつ前提条件を付けます。それは、括弧ペアは必ずパラグラフの中で閉じているという条件です。私が翻訳で見ている文書を思い返しても、括弧ペアが文をまたぐのを見たことがありません。つまり、1文内にある括弧は必ずその1文の中で開いて閉じるということになります。言い換えれば、括弧を開いて閉じ忘れた状態とは、閉じる括弧が文末になっても現れない状態のことをいいます。

文末を知る上で使えそうなのは、英文であればピリオド、日本文であれば句点などでしょう。ただ、調べる種類が増えそうですので、検索文を簡略化するために少々乱暴ですが、改行コード ^13 を使うことにします。

[\(\[(「『【][!\)\])」』】]@^13

最初の [(](「『【] は括弧を開いたところを検索。続く [!)])」』】]@ で開いた括弧に続いて、閉じ括弧以外の文字列の連続を検索し、括弧が閉じないまま改行コード ^13 が見つかれば、検索式にヒットします。

これで対応できる括弧ペアは、() [] 「」『』【】です。他の括弧ペアもチェックしたいときは、この検索式に盛り込めば利用できます。

 ※ この記述方法の制限として、括弧の入れ子は検出できません。

 

【ワイルドカード】【英文】「.」「,」のダブルクォーテーション内への入れ忘れチェック

文末のピリオドやカンマをダブルクォーテーションの前に置くか後ろに置くかは、[米][英]での違いとかマニュアルでの指示などで違いがあります。手元にある The Chicago Manual of Style (第16版)の 6.9 Periods and commas in relation to closing quotation marks. には以下のように書かれています。

Periods and commas precede closing quotation marks, whether double or single.

今回紹介するワイルドカードは、この Chicago Manual に則ったスタイルかどうかをチェックできるものになります。考え方として、ピリオド(.)もしくはカンマ(,)がダブルクォーテーション(“)の後についているものを、単純に検索するワイルドカードを考えます。

まず、ピリオドもしくは(or)カンマのいずれかをヒットさせたいときは、角括弧で囲みます。(or の時は角括弧の中に並べちゃえばOKです。)
[.,] と記述することで、. か , が検索でヒットします。次に、これらがダブルクォーテーションの後にある場合をヒットさせたいので、以下のような記述になります。

"[.,]

とりあえず、この記述で検索にヒットした箇所をチェックすれば、スタイルミスが見つかることになります。

では、強制的にピリオドもしくはカンマを、ダブルクォーテーションの前に移動してしまうワイルドカードを考えてみましょう。上の[.,]の記述では、ピリオドかカンマがヒットするので、ヒットしたものをそのまま利用することを考えないといけません。したがって、この記述を丸括弧で囲み、([.,]) と記述することで \1へ代入して再利用できるようにします。

検索する文字列

"([.,])

置換後の文字列

\1"

上記のような記述で、ダブルクォーテーションの後にあるピリオドとカンマが、ダブルクォーテーションの前に移動します。

実行する場合は、必ず、置換後の文字列に蛍光ペンをつけるようにして、必要な箇所のみが置換されていることを確認しましょう。(「検索と置換」窓で、「置換→書式→蛍光ペン」です)