WildLight Ver. 1.10 をリリース

今月予定されているセミナーに向けて、仕様変更と、若干の機能追加を行いました。

今回のバージョンには重要な仕様変更がありますので、以下を必ずお読みください。

[仕様変更点]

  • WILDCARD のデフォルト設定が OFF となります。
    今まではデフォルトはON でしたが、このバージョンからデフォルトを OFF へ変更いたします。

ユーザー数が増えるにつれ、この仕様変更を早くやらねばと考えていたのです。理由は、初心者が作成する WildLight用辞書ファイルは、通常の用語をただ羅列するだけのものであり、そこに特殊コマンド「WILDCARD:OFF」を記述して貰うのは、どう考えても設計思想として間違っていると思うからです。(初心者でもファミコン感覚で使える…という設計思想に反する)

また、ワイルドカードを使用できる上級者の方は、こういった特殊コマンドも抵抗なく使いこなせるだろうと考え、必要な時は「WILDCARD:ON」と辞書に記述して貰う形に変えました。

なお、この仕様変更に伴い、WildLight Library に入っている辞書ファイルの内容も、WILDCARDスイッチの記述を変更しておりますので、改めてダウンロードし直して利用して下さい。(もしくは、ご自身でWILDCARD:ON/OFF の記述を書き加えて下さい)

プルダウンメニューに「テキスト抽出」の項目を追加し、以下を追加しました。

  • 「テキストをワードへ抽出」:ワードファイルを指定すると、そのファイルから新規ワード文書へテキストを抽出します。
  • 「蛍光ペン部をワードへ抽出」:範囲選択した文字列と同じ蛍光ペン色を持つテキストを、新規ワード文書へ抽出します。
  • 「指定フォント色部をワードへ抽出」:範囲選択した文字列と同じフォント色を持つテキストを、新規ワード文書へ抽出します。

これらの機能へメニューから直接アクセスできます。

バグレポートありましたら、ご連絡をお願い致します。

簡易対訳表を作ってみる

WL_HowToAlign

原稿と訳文を比較して、訳抜けを検出する事を目的に、簡易的に対訳表を作成するおまけ機能を WildLight に盛り込んであります。但し、他ソフトウェアのように完璧なものではありません。あくまでもチェックして問題を検出する事を目的としているので、この程度のレベルでも目的十分と考えています。

  1. プルダウンメニューの「機能」→「2文書を比較表にする(β)」を選択する
  2. ファイル選択ウインドウが出たら、原稿ファイルを選択する。
  3. ファイル選択ウインドウが出たら、訳文ファイルを選択する。
  4. 機能が実行され、対訳表が作成されれば終了です。
  5. 表操作を使い、原文と訳文をアライメントします。

表作成後のアライメント作業は、メニューの「表操作」にセルの削除・挿入・結合機能があり、それを使う方法がありますが、毎回メニュー選択するのは作業効率が良くありません。そこで、これらの機能をショートカットキーに登録して作業する事をお勧めします。

方法は、ショートカットキー登録の方法のマニュアルを作ってありますので参照して下さい。

WildLight Ver. 1.05 をリリース

WildLight Users Group で要望の出された機能を盛り込みました。
今回盛り込んだ特殊コマンドは、以下の4つです。

  • Superscript:ON/OFF/CLEAR (上付き文字)
  • Subscript:ON/OFF/CLEAR (下付き文字)
  • Bold:ON/OFF/CLEAR (ボールド体)
  • Italic:ON/OFF/CLEAR (イタリック体)

スイッチのON, OFF, CLEAR には以下の意味があります。

  • ON : 対象となる文字のみを検索対象とする。
    例) Superscript:ON で上付き文字のみを検索します。
  • OFF : 対象となる文字を検索対象外とする。
    例) Subscript:OFF で下付き文字は検索から除外されます。
  • CLEAR : 設定をクリアします。
    例) Italic:CLEAR でイタリック体へ指定された検索指定を解除します。

例えば、ボールドになっていないイタリック体の半角英文字を検索対象としたい場合は、以下のように辞書へ記述します。

Bold:OFF
Italic:ON
[A-Za-z]
Bold:CLEAR
Italic:CLEAR

上記の特殊コマンドの追加に加え、プルダウンメニューに「ワード設定」の項目を追加し、以下を追加しました。

  • 「オートコレクト」
  • 「オートフォーマット」
  • 「入力オートフォーマット」
  • 「ショートカットキー」

これらの機能へメニューから直接アクセスできます。

バグレポートありましたら、ご連絡をお願い致します。

テンプレート辞書

指定した用語や単語だけに蛍光ペン付けをして、チェックし易くしたい…という目的から、WildLight を利用して頂いている方もいるようです。

その上で、辞書の作成で戸惑うのではないかと思い、テンプレート辞書を作成しました。
(クリックして表紙された状態で、Ctrl+S すると保存できます)

このテキストファイルに、どんどんとチェックしたい単語や用語を追加するだけで、WildLight の辞書として使用できます。

作った辞書ファイルをリネームして、分野別や文書種類別に辞書を作って使用するのがいいでしょう。

なぜ、ワードなのか?

翻訳の支援ツールは色々と出回っていますが、何故、WildLightはワードマクロを使って開発したのか? その理由は以下のようなものです。

  • Microsoft Word は、翻訳関係者ならまず間違いなくみんなが使っている
  • つまり、新たなソフトウェアを購入するなど、コスト的負担が無い
  • また、新たなソフトウェアの取り扱いを覚える必要が無い。
  • 法人の場合、新しいソフトウェアを導入する場合、社内申請・審査・承認等のプロセスを通す必要があり、予算的観点も含め、手軽に導入し辛い環境にある。しかし、既に導入済みのワードへのアドイン導入であれば、それらの煩雑な処理が最小限に抑えられる。
  • コスト的投資が無いので、翻訳者さんへ導入を勧め易い。
  • つまり、思い立ったら直ぐに使い始められる。

翻訳者さんに使って貰うには?…そこが発想の起点です。余計なものを買わなくても、手軽に導入ができる、そんなものを作りたかったのです。

WildLightの起動方法

WL_HowToExecute

問合せを頂いて調べてみれば、どうやってWildLightを起動するのかを書いたものがない事に、いまさらながら気が付きました。以下に起動方法を記します。

【WildLightの起動方法】

  1. 作業を行う文書を表示した状態で、メニューの「アドイン」をクリックする。
  2. 「WildLight」をクリックするとプルダウンメニューが表示される。
  3. プルダウンメニューにある「WildLight」をクリックする。
  4. すると辞書ファイルを指定するダイアログボックスが現れる。
  5. 適用したい辞書ファイルを指定しOKを押す。
  6. WildLightが辞書の記述に従い実行される。
    (上のデモは「数チェック」辞書を適用したところです。数に色付けがされ、原文と訳文で比較する事でチェックができます。)

 

単純なチェック辞書の作り方

WildLight で用語や単語を蛍光ペン付けしたい…という単純な使い方をする場合、辞書ファイルはとても簡単に作成できます。

テキストファイルを新規作成し、蛍光ペン付けしたい文字列を入れていけばいいのです。

<

p style=”padding-left:30px;”>例)
見れ
食べれ

(ら抜き言葉に蛍光ペンを付ける)

この使い方が一番単純でありながら、用途が多いのではないかと思います。ワイルドカードって何?って方でも、この方法でチェックしたい単語や用語をそのまま登録してしまえばいいのです。

WildLight の辞書の作り方がよく分からないという方は、この方法からスタートしてみましょう。

※Windowsであれば「メモ帳」を使えば作成できます。

英数字の全角・半角チェック

翻訳チェックの中で、スタイルガイドの指定に従って英数字の全角・半角チェックを行う事があります。また、翻訳文中で同じ文字種において全角と半角の不統一は好ましくありません。ここでは、英数字の半角・全角チェックをWildLightで行うための辞書の記述方法を説明します。

全角数字のチェック: [0-9]
全角英字のチェック: [a-zA-Z]
半角数字のチェック: [0-9]
半角英字のチェック: [a-zA-Z]

これらの文字列を、行いたいチェックに合わせて組合せ、WildLight用の辞書に記述すれば良いわけです。

例えば、半角英数字を検出して蛍光ペンをつける場合は、以下のように辞書に記述します。

[0-9]
[a-zA-Z]

これだけです。これだけを記述したテキストファイルを準備して WildLight に読み込ませると半角英数字に蛍光ペンが付きます。

ワイルドカードに詳しい方は、 [0-9a-zA-Z] と一文に書き直して頂いても構いません。

WildLightの良いところは、辞書に記述されたワイルドカードを順次に処理してくれるところです。ワードの検索や置換機能を使って一発で処理しようと、ワイルドカードの記述に頭を悩ますくらいなら、やりたい事を分割してワイルドカードで表現し、WildLightの辞書にして実行すれば、簡単に処理ができます。

ワードアドイン汎用インストーラー

ワードのアドインファイルを、ワードのスタートアップフォルダーへ上書きコピーする汎用ユーティリティを作成したので公開します。

WordAddinInstaller.EXE

このインストーラーと、インストールしたいアドインファイルを同じフォルダーに入れ、コマンドプロンプト上で以下のように入力して実行して下さい。

WordAddinInstaller  アドインファイル

例) WildLight.dotm がインストールしたいアドインファイルの場合:

WordAddinInstaller WildLight.dotm

自動的にワードのスタートアップフォルダーへアドインファイルを上書きコピーします。
アップデーターとしても利用できます。

動作しない環境があるかもしれません。

ワードのスタートアップフォルダを開くユーティリティ

WildLightをインストールする上で、ワードのスタートアップフォルダを探すという事が障壁となっていました。

やっと、自前のユーティリティを作成しましたので公開します。以下の OpenWordStartUp.EXE をクリックして、ダウンロードして利用して下さい。

OpenWordStartUp.EXE

実行すると、ワードのスタートアップフォルダーが開きます。開いたフォルダへ WildLight.dotm をコピーすればインストール完了です。

動かない環境もあるかもしれませんが、その場合は従来通り、自力でワードのスタートアップフォルダーを探して下さい。